コンテンツへジャンプする
 
 
banner_fb01.jpg
 
  Startseite  
 
Sie sind hier:» Universität » Rechtswissenschaften

学部01 法学部

PDF Datei  .pdf-File

なぜマールブルク大学で法学を?

マールブルク大学法学部は、ドイツ中部における法学教育ならびに法研究機関の中心的存在です。80名のスタッフを擁し、2千名の学生が正規に学んでおります。100を超えるコースとゼミが開講され、法律問題のみならず、経済問題、社会問題、商取引等に適切に対処できる法律家の育成を目指しています。マールブルク大学には、学問の自由、国際性、初歩段階からの少人数制指導、またドイツの大学の標準に照らし適正な教員と学生の比率により、理想的な学問環境が整備されています。特に海外からの留学生のためには、英語による講義やゼミの他、マスター(法学修士)課程が設置されていることも特色の一つです。ドイツの国家資格取得を目指す通常の法律家養成課程は、4年間の学部履修課程と修了時の第一次国家試験から成ります。


学部の沿革 

マールブルク大学における法律研究の歴史は、1527年来の伝統を有し、ドイツの同様の研究機関中でも最も古いものの一つに数えられます。初のプロテスタントのロースクールとして、創立当初より欧州の著名な法学者たちが従事して参りました。サヴィニー (Friedrich Karl von Savigny: 1779-1861) もその一人であります。彼の元で学んだ者の中には、かのグリム兄弟 (Wilhelm und Jacob Grimm) もおります。1882年には、刑法学者のリスト(Franz von List: 1851-1919) によって、マールブルク綱領が提唱され、刑罰理論の中に特別予防の核心的原則が取り込まれました。彼はまた、国際犯罪学会を創立しています。この他、元ドイツ連邦共和国大統領 グスタフ・ハイネマン (Gustav Heinemann) や、コスタス・シミティス (Kostas Simitis) 元ギリシャ首相といった逸材も輩出しています。

今日、研究並びに教育の主眼は、とりわけ商事法(金融サービス法を含む)、メディア法、比較法学、スポーツ法、犯罪学、及び20世紀の戦争犯罪史の分野に置かれております。更に、学部卒業生を対象とした法医学の特別プログラムがあり、また、約50名の法学専攻留学生(主にEUの「ソクラテス計画」奨学生を中心とする)クラス向けに、充実した補習指導も実施されております。

法学部には日本法専門の教授がおります。大学の日本研究センター内に研究室があります。


Zuletzt aktualisiert: 20.05.2008 · Milan W. Burgdorf

 
 
 
Fb. 01 - Rechtswissenschaften

Fb. 01 - Rechtswissenschaften, Universitätsstraße 6, D-35032 Marburg
Tel. +49 6421/28-23101, Fax +49 6421/28-23181, eメール: dekan@jura.uni-marburg.de

URL dieser Seite: http://www.uni-marburg.de/fb01/index-japanisch

Legal | Privacy